髪が傷む原因・・・実はドライヤー?2

嫌われてもいい!!ブログ

 

髪が傷む原因・・・実はドライヤー?

↑↑↑ こちらの続き

 

髪は濡れている時が、一番傷みやすい状態なので

お風呂上りに、髪を優しくコーミングしてください。

 

そして

できるだけ素早く乾かしてください。

 

これにはドライヤーの前に

しっかりとタオルドライすることも必要です。

このタオルドライでも

ゴシゴシ、ガシガシはやってはいけません。

 

ふんわり 優しく〜

中間〜毛先はタオルで優しく包み

トントン叩いて水気を取るとか・・・

 

実際、僕も髪が長いので

タオルドライはかなり時間をかけて

根元はしっかりタオルドライをしています。

 

そしてドライヤーで乾かしていくのですが

 

ドライヤーは出来るだけ

風量の多いモノがオススメ!

 

マイナスイオンとかは

そんなにこだわらなくていいので

家電量販店で試せるなら

できるだけ、ワット数(1200Wとか書いている)

風量の強い、ヘアドライヤーのが良いです。

 

 

なぜなら?

 

乾くのが、早いから(笑)

 

 

そして出来るだけ

 

◎ドライヤーの風は
 根元から毛先に向かうようにかける

◎ブラシの使用は避けて、手ぐしでかける

◎引っ張らない、もつれさせない

◎同じ箇所に、長時間ドライヤーをしない

◎あまり近づきすぎて、高温であてない

 

などなどありますが

僕なんかは、根元中心に乾かして

途中、絶対に中間〜毛先にかけて水が滴るので

何度かタオルドライして

特に根元をフルドライします。

 

長さでドライ方法も若干変わるので

僕に聞いてください。

 

ショートだからと言って自然乾燥はダメですよ〜

 

このあたりに、注意してドライヤーで乾かして下さいね。

 

ではまた明日。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です