髪が傷む原因・・・実はドライヤー?

嫌われてもいい!!ブログ

 

髪の傷みを最小限にしたい!

ヘアダメージを少なくしたいと皆様思っておられます??

 

髪は一度傷んだら、治ることはありません。

それには、ダメージの原因となる要素を

少しずつでも減らしていった方がいい!

 

以前シャンプー編を書いた記憶が・・・

ありましたこちら  ダメージヘアの間違い?4 ダメージヘアの間違い?5

 

今日はドライヤー編

 

 

シャンプーした後の

髪の毛が濡れてる時

実は、この時が一番

ダメージしやすいときなのです。

 

シャンプーの時に、優しく

デリカシーを持ってって書いていますが

髪の毛というのは

濡れてる状態が一番弱いのです。

 

 

よくドライヤーで乾かすと、熱でヘアダメージするとかで

自然乾燥した方が良い!

なんて考えてる人がいるけど

それは全くのデマ!!

ですよ〜

 

 

絶対に、自然乾燥なんかしない方がいいし

ましてや、乾かさないで寝たりなんかすると・・・

髪はとんでもなくダメージします。

 

頭皮なんかも雑菌が増えやすくなり

匂いの原因になったり(部屋干しの服の匂い)

しっかりドライヤーで乾かしてください。

 

乾かす時に気をつけて欲しいのが

髪の毛が濡れてる時に

ブラッシングは絶対NG!!

 

もしシャンプーしてトリートメントしても

もつれている時などは

まず手ぐしで優しく梳かして

その後、粗めのコームとかで

絶対に引っ張らないように

優しく 優しく コーミング!!

 

一番ベストは

シャンプーしてトリートメントした状態で

もつれさせない事なのですが

どうして、もつれる場合は

こんなブラシでコーミング

yjimage-15        0099_01-e1472294700761-1

 

引っかからないように注意ですよ〜

 

濡れた髪はちょっとしたことで

ダメージを受けやすくなっているため、

細かい目のブラシなんかでブラッシングなんか

髪を引っぱったり擦ったりすると

最悪なので

絶対におやめください。

 

 

そして・・・・

 

明日に続く。

 

 

 

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です