ストレートパーマの続き

嫌われてもいい!!ブログ

最近のパーマ、ストレート事情

↑↑↑こちらの続き

 

ストレートパーマ(縮毛矯正)は美容室で薬剤を使用する

施術の中では1、2を争う

髪にダメージを与えるメニューです。

 

予約時期の変化と同じように

ストレートパーマの技術?考え方?も変化してきました。

出来る限り、髪の負担を軽減させる方法?

 

先ずお断りしておきますが、絶対に髪にダメージを与えないストレートパーマ

ウエーブパーマなぞ、現時点では存在しません。

トリートメントを配合?トリートメントでストレートパーマ!!

こんな夢物語は置いといて先に進みます。

 

パーマ原理を一般の方にウンチク垂れても

全く面白くもないし

多分鼻で笑われますので、ごくシンプルに行きたいともいますが・・・

なんせ性格がクドイので暴走したら悪しからず。

 

ストレートパーマ(縮毛矯正)におけるダメージの原因は

☆ 薬剤(アルカリ)

☆ アイロンやドライヤーの熱

この二つです。

 

ざっくり説明しますと、髪の中は

癖毛の方はねじれた状態で鎖に繋がれています。

薬剤を塗布してこの鎖を引き離します。

引き離した状態から、ドライヤーやアイロンを使い

ねじれを真っ直ぐに伸ばします。

その後真っ直ぐに伸びた髪を2液で戻らないように固定します。

 

昔?今もほとんどの美容室でストレートパーマやウエーブをした時に

24〜48時間は

シャンプーしないで

髪の毛を濡らさないで

ゴムで強く縛ったりしないで

帽子をかぶらないで・・・

こんなこと言われた経験があると思います。

先ほどの説明に2液で固定と書きましたが

空気に触れさせて、さらに固定できると信じていましたが・・・

全くの間違いで都市伝説的な感じですね(笑)

 

昔のストレートパーマは薬剤を塗布して、板に貼り付けて癖毛を伸ばしてましたが

全く癖は取れませんでしたね・・・

yjimage-8

ストレートパーマ(縮毛矯正)は薬剤にさらされて

140度〜200度近いアイロンで伸ばさないと癖毛のねじれは取れない・・・

それは傷みますよね!!

ではどっちか一つでも軽減できれば?

 

時間切れで明日に続きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です