ヘアカラー

嫌われてもいい!!ブログ

昨日車がドナドナ !! 少し寂しい。

さ〜今回からヘアカラーシリーズ長編?

現在ヘアカラーの種類はたくさんあります。

昔は毛染めと言っていましたね。

さほど種類も無かった・・・・・。

今じゃ数え切れないぐらいだ・・・。

ヘアカラー(毛染め)というとヘアダメージがつきもので、できるだけ髪の毛を傷めずにヘアカラーを楽しみたい!

そりゃツヤツヤの綺麗なヘアカラーがいいに決まってるし。

出来るだけヘアダメージを少なくしながらヘアカラーを楽しむにはどうすればいいの?

沢山のヘアカラー剤があって一体どれがいいのか分からない!!

 

今日はヘアカラー(毛染め)原理、仕組みを説明します。

ヘアカラーと言ってもいろんな種類がありますが、まずは一般的なヘアカラーから。

白髪を染めるグレーカラーでも明るくするヘアカラー(昔はおしゃれ染めって言ってました)でも原理は同じ。

自分の(地毛)のメラニン色素をブリーチ剤で脱色してヘアカラー剤の色素を入れて発色させる!

ヘアカラー前の状態はメラニン色素(地毛)っていう色素が詰まっていて、メラニン色素が日本人なんかは多いので暗い髪色なんです。

その黒髪のなかにヘアカラー剤のブリーチ剤が浸透する。

このブリーチ剤はメラニン色素を破壊 !!

そしてメラニン色素が破壊され髪色が明るくなると言う仕組み。

それと同時進行でヘアカラー剤の化学反応で新しい色素(カラー剤に含まれる人工的な色素)っていうものが髪の内部で作られていく。

これがヘアカラーで髪を染める仕組みなのだ。

明日に続く・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です