本物のヘナ2

嫌われてもいい!!ブログ

 

こちらの続き →  本物のヘナ

 

今日はハナヘナが何故?プロから支持されるのか!!

何点かご紹介していきます。

 

*以下はハナヘナのHPより抜粋しております。

 

まずハナヘナは新鮮

 

ハナヘナはできるだけ新鮮な天然ヘナを使ってもらいたいという想いから1.5ヶ月に一度インドから輸入をしております。

なぜ、新鮮なヘナが良いかと言うと、

例えば、挽きたてのコーヒーが香りもよく美味しいコーヒーとして飲めるように、ハナヘナも1.5ヶ月毎にインドにオーダーすることにより挽きたての香りの良い状態皆様の元へご提供することができます。

大量のヘナを機械で挽いていくのですが、その際どうしても機械の摩擦熱で若干色素が壊れてしまいます。

使う分だけをオーダーすることによりなるべく新鮮なヘナをお届けすることができます。

 

ヘナの染まりについてもですが、せっかく自然の産物(贈り物)を肌に乗せるのですから古くなって枯れ葉になり腐敗した香りのヘナを頭に乗せるのは臭くて癒やしにもなりません。

劣化→葉が枯れて染まりの成分も抜け出てしまう。

ハナヘナは、必ず粉状にしたヘナの発色テストを行った後にパウチングして商品となります。

日本に入荷された時点で、弊社でも発色テストを行い、問題ないことを確認して、出荷するようにしています。

インド工場でも弊社のテストでも必ず実験用毛束でテストします。

 

*時間が経過し、劣化したヘナ

 

*新鮮な緑色のヘナ

 

*目に見えないこだわり

手選別なので茎・混合物がない

 

インドのヘナオークション会場周辺には、ヘナの製粉業者が40社ほどあり、ほとんどのヘナはその工場で製粉されます。

下記の写真を見ていただければ、わかる通り新鮮なヘナと古いヘナがごちゃ混ぜになり、粉砕されています。

ヘナは収穫の工程で、必要のない枝や小石が混ざります。

ヘナは、葉っぱのみに色素があるので枝や他の葉っぱなどの不純物が混ざることで色素が薄くなります。
不純物を取り除くことで、ヘナの葉っぱのみの純度の高い色素になります。

ハナヘナは、衛生面などで評価の高いKEO社と提携しており、新鮮なヘナを手選別で混合物を取り除き、最新の機械で粉末にし、それを目の細かなメッシュでふるいにかける作業を繰り返すことで、純度の高いヘナのご提供を可能としております。

 

 

一般的な
ヘナの工場

一般の工場はほぼこんな感じです。

粉砕されたヘナ。よく見るとヘナの色が違います。古いものとごちゃ混ぜ。

様々な場所や道具にもヘナの葉が・・。ヘナまみれです。

天井には鳥さんも応援にかけつけています。

こんな場所で袋詰めされてます。

 

ハナヘナの
工場

こちらがハナヘナの提携工場KEO社

このように、目視で混合物を手選別しています。

次に機械によって粉末にします。

粉末になったら、ふるいにかける作業を繰り返します。

手作業でビニールパウチに秤に乗せながら、小分けにされます。

 

 

ハナヘナを全部お伝えするのは何日もかかりますね(笑)

ほんのちょっとの紹介ですが、ピカレスクでは

皆様に「本物の天然ヘナ」を知っていただき、ご提供しております。

 

明日は定休日ですので、また金曜日よろしくお願いいたします。

アレルギー・・・

嫌われてもいい!!ブログ

 

先日、長女がアレルギー検査をしました。

 

何かの流れで?検査をしたのですが

昨日結果が返って来て、驚いた事に

全くアレルギー反応ゼロでした。

 

反応を170としたら、3でした(笑)

 

そんな長女でも、モコモコになる程シャンプーしたり

身体など洗えば、すぐ痒がります!

 

maxresdefault

 

 

自然派だの オーガニックだの

この内容成分は 刺激があるだの・・・

 

どんな内容成分でも、身体や髪にいいものなんてありません!

特に子供はモコモコになるまで、身体も頭も洗わなくても大丈夫です。

 

お湯洗いで十分ですから。

 

 

大人はある程度、自由に自分でシャンプー等を決めれますが

子供たちは親のいいなりシャンプーです(笑)

 

よく赤ちゃんも使える石鹸

などの謳い文句で宣伝していますが

世のお母様!!

子供たちは親のいいなり石鹸&シャンプーですので(笑)

惑わされないように

ご注意くださいませ〜

 

 

ではまた明日。

白髪染めにヘナをチョイス・・・

嫌われてもいい!!ブログ

 

ここ数日、初! 白髪染めのお客様が数名おられました。

 

その方達はみんなヘナ染めをチョイス!

 

 

 

一人の方は肌が弱くて

ヘアカラーを長く躊躇しておりましたが

ヘナをお勧めしたところ、決意されました。

 

パッチテストもして

準備万端で臨み、もちろんしみる事もなく

満足していただけました。

 

ヘナにも、デメリットがあり

髪を明るくできない

時間が一般的なヘアカラーより時間がかかる

などなどありますが、メリットも沢山あります。

 

メリットはあえて書きません・・・

 

何故か?

最近、fbなどやっていると

ヘナに関する記事を目にする機会が増えました。

 

そこで

ヘナ知ってるという美容師でも【本当のヘナ】のことは
まだまだほとんど知られてません。

ケミカルヘナ(化学薬品ヘナ)が当たり前。

当たり前と言うより、そもそも真っ黒に染まるヘナやハーブをプラスする事で色んな色味にできるヘナを【自然なヘナ】だと
信じ込んでいる美容師が沢山いることです。

 

これはアレルギーのある方には恐ろしい事なのです・・・

 

ヘナの良さは沢山ありますが、メーカーの説明を鵜呑みにして

ケミカルヘナだとも分かっていない美容師に遭遇したら・・・。。。。

 

必ず信頼のおける美容師に相談くださいね。

 

 

ではまた明日。

 

 

 

 

何がオーガニックなんでしょうか?

嫌われてもいい!!ブログ

 

 

まぁ色々ありまして

3日ぶりのブログです!

 

5〜6月ぐらいになると、新人研修を終えた

美容メーカーや、全くもって美容に関係のない会社の

営業ラッシュがあります。

 

特に多く営業にやってくるのは、ヘアカラーメーカーです。

 

ヘアカラーの最近の売りは

白髪がよく染まるか

天然が売りのオーガニックカラーが多いのですが・・・

 

 

 

メーカーがオーガニックカラーは今すごく人気があり

他店との差別化うんぬん・・・

オーガニックだから云々・・・

オーガニックだから髪も頭皮もうんぬん・・・

お客様にとって云々・・・

と言われれば疑いもせずに信じて・・・

 

そんなオーガニックカラーも髪に染まる色素は天然色素だと思いこんでるのが
美容師さん・・・
残念です。

天然色素でカラフルで様々な色素はできませんから・・・

 

ヘアカラーにアレルギーのある方はご注意くださいね〜

 

 

ではまた明日。

ヘナを頭皮に擦り込む!!

嫌われてもいい!!ブログ

 

ピカレスクでヘナ(ハナヘナ)を再開してから約5〜6年経ちます。

15年以上ぶりの再開でしたので最初は手探りで、あれこれ実験してました。

 

 

今でも季節や乳化方法で、持ちや発色が微妙に変わりますのでまだまだ勉強中です。

 

そんなヘナですが、巷では流行り?って思うくらい

美容室以外でヘナを売っていたり(ハンズやオーガニックレストラン)

はたまたネットワークビシネスなるものがあるようです。

 

 

そこでとある方から

お友達がヘナを買ってくれたら、タダで塗布してくれるって言われて

そのお友達の上の方?? に塗布してもらうなら2000円だとか!!

 

それってネットワークビジネスヘナではないですか(笑)

 

そのお友達や、上の方?にどうやって塗布してもらっているのか聞いたところ

そうすると

ヘナの塗布は、親指で頭皮にゴロゴリ摺りこんで・・・・・・・・

 

 

 

ネットワークビジネスヘナだけじゃなく

他メーカーでも未だに

ヘナを頭皮にすり込むように塗る!

 

と言ってるメーカーありますが

これはやらないほうがいい。

 

何度も何度も書きますが

頭皮は、顔の皮膚より

薄いんです。

 

ですので、頭皮をこするという行為は、頭皮を傷つける事になります。

 

ヘナに興味があったりする方は、皮膚が弱いという方も多いはず。

 

 

そんな方にすり込んだら余計頭皮が酷くなることも

それを好転反応だのなんだといって

あたかも治る症状だなんだと言うことは

医師法違反だったかな?

 

医師でもないのに症状に対して判断することは違法ですのでね!!

美容師でもないのにヘナを塗る行為も違法。

 

お金に目がくらんで間違ったヘナ情報伝えるのだけはやめてくださいね。

 

こういったネットワークビジネスはあっという間に広がるので

地道に目を覚ませるしかないんですが・・・

 

お友達なんかでそんな方がいらしたら

ピカレスクの川口に聞くといいよ

ってやんわりお伝え下さい。

 

 

明日は定休日ですのでまた金曜日に。

 

言葉巧みに消費者を誘う謳い文句

嫌われてもいい!!ブログ

 

言葉巧みに消費者を誘う謳い文句・・・

 

 

 

着色料や保存料

なんか不味そう・・・(笑)

 

『合成着色料無添加』、『保存料無添加』とか

これって他の添加物も、少ないとか入ってないんじゃないかと

思うような言い回しなのですが、しっかり入ってます。

 

結構メジャーな保存料の名前で『パラベン』

気にされる方は購入時に、パッケージとかに

パラベンフリーって見たことがあると思いますが

パラベンって名前以外の保存料が入っております(笑)

 

なので表記は『合成着色料無添加』、『保存料無添加』にした方がいいと思います。

そうすると売れないか!!

これで騙されちゃう人いると思うんです。

 

そして王道のオーガニックってなんでしょう?

オーガニックってそれ 美味しいの?(笑)

image-4

*科学的根拠はないって・・・

 

オーガニックシャンプーやオーガニックカラーなどは

全くもって

ごく一般的石油系シャンプーや

美容室にあるヘアカラーと同じです。

 

シャンプーの事だけを言いますと

シャンプーの主成分である界面活性剤(洗剤)が何%含まれてるか知ってますか?

なんと!!

1%未満です。

ほぼ水なんです。

 

主成分である油などはオーガニックだろうと、石油系のものであろうと精製したら同じです。

 

世の中には沢山のウソ?が転がっています。

沢山書きたい事がいっぱいですが・・・

抹殺されそうなので

来店時に気になる事がありましたらお聞きください。

 

ではまた明日。