お家でヘナ染・・・2

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

こちらの続き

お家でヘナ染め・・・

 

ヘナナチュラル(オレンジ)は粘り気が出て

わりと簡単にお家でヘナ染めは可能ですが

白髪量が多い方などは

白髪部分のオレンジが目立ちすぎて・・・

 

 

そういった方などは

インディゴが入って、仕上がりがブラウンになるこちらの2種類がオススメです。

 

 

 

ハーバルブラウン(ヘナナチュラル4:インディゴ6  明るめブラウン)

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーバルマホガニー(ヘナナチュラル2:インディゴ8  濃いめブラウン)

 

 

 

但しインディゴは粘り気が出ないため

水分量の調整が難しく

硬すぎるとすぐにポロポロと剥がれ落ちてしまいます・・・

 

ヘナナチュラルは、ぬるま湯で溶いた場合の目安は

” マヨネーズ程度の硬さに ”

が基本でしたが

インディゴ入りはこれよりも、もっと柔らかくする必要があります。

 

 

ハーバルブラウン(ヘナナチュラル4:インディゴ6  明るめブラウン)は比較的

インディゴが少なめなので、まだ乾燥しにくいですが(それでもマヨネーズの程度よりは柔らかくしてください)

 

 

ハーバルマホガニー(ヘナナチュラル2:インディゴ8  濃いめブラウン)はほぼインディゴが占めていますので

かなり柔らかめに作ってください。

 

 

あとはしっかり髪を濡らして

できるだけ素早く

勿体無い〜

って思うぐらいにたっぷり塗布してください。

そこから乾燥しないようにラップして約40分〜1時間程度時間を置いて、しっかり流してください。

 

 

 

そしてインディゴ入りのヘナはここからが重要!!!!

 

ブラウンやマホガニーや

インディゴなどは

染め方によっては随分と

発色が変わってしまいます。

 

インディゴ入りヘナで白髪を染めていくために

理解しておかないといけないのは

インディゴの発色は

染めた後日に起こるということ!

 

インディゴは空気酸化で発色する

 

インディゴ入りヘナで白髪染めをちゃんと

発色させるのが難しのです・・・

 

 

インディゴは浸透してから2〜3日かけて

空気酸化で発色していきます。。。

 

インディゴが酸化発色していくのに
大切なの条件が二つあります。。

 

それは

 

空気 と 水

 

 

この二つが
インディゴで染める時には
とっても重要なんです!

 

インディゴで染めた髪は空気に触れ

さらに湿った(水分がある)状態時が

上手く空気酸化し発色します!

 

 

 

 

これらをしっかりと理解して頂き

インディゴ入りヘナで染めた直後は

あまりシャンプーしないとか

染めた後はドライヤーで乾かさず

自然乾燥したり

時間があれば48時間程度は、都度髪を湿らせたりと・・・

 

インディゴ入りヘナでの白髪染めのキーポイトは

ぬるま湯で解く際にはかなり柔らかめ!

そしてインディゴの発色なんです。。。

 

 

まずは僕川口にしっかりとご相談くださいね〜

 

 

ではまたお願いします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です