ドライヤーでそこまでできるの?・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

最近ちょくちょく質問される

「〇〇のドライヤーってどうなんですか?」

顔がリフトアップされて、髪がサラサラに・・・

◯ノイーは髪に良い・・・

独自技術のバイオ・・・

美容師も絶賛・・・

魔法の・・・

 

 

特に顔がリフトアップするとの噂のドライヤーなどは

1年以上前ぐらいから話題になってましたが

さてどうなんでしょかね〜

 

あっ! ちなみに僕はこう答えております。

髪は15〜16%の水分量を髪に残せると、髪は柔らかくしっとりサラサラになります。(髪質、状態にもよりますが)

お風呂に入りシャンプーして髪が濡れている状態で素早く乾かすことができれば

髪の水分量は良い状態になります。

 

そこでドライヤーはどんなのが良いのか! になってきます。

僕が思う良いドライヤーは

*扱いやすい程度に風量が強い

*あまり温度が高くない

ほぼこの2点に絞られます。

 

これらの条件が揃うと、髪の水分量だけではなく

頭皮の乾燥も防げ、ハリが出て頭皮のたるみも減り

結果、顔がリフトアップするってことに繋がります。

 

 

各社ドライヤーの工夫(温度低めで扱いやすい程度に風量が強い)はドライヤーの口だったり

 

一般的なドライヤーの口

 

温風や冷風の切り替えを自動で行ってくれたりで髪や頭皮が高温で乾燥しないように工夫しています。

 

 

あとは意外と見落としがちな部分なのですが、ドライヤーの横の部分

”黒で◯をしている部分 ” に埃がたまるとドライヤーが高温になり

効果を発揮できないために、この部分が簡単に取り外せて掃除ができたり

色々工夫がされています。

 

 

でもどうしてもドライヤーを買わなければいけないのであれば

イオンだのナノだのバイオなど

髪を全く傷めないとか

髪のダメージを治すというのはありえない!

ので

なんとなく良い感じがして
価格的に許容できる範囲なら
使ってみればいいんじゃないのかな?という感じです ♪

 

 

でも安い物でもちゃんと綺麗になるように乾かせば
それなりにサラサラになりますから

信頼の置ける美容師さんに乾かし方を聞くのが一番いいと思います ♪

 

 

 

ではまた明日。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です