トリートメントまとめ

嫌われてもいい!!ブログ

 

今日はトリートメントのまとめ。

 

シャンプーに含まれるツルサラ成分(コーティング)はまだかわいい程度のコーティングなのですが(長期間使用すると蓄積されますが) よく1週間集中トリートメントやサロンで1ヶ月もサラサラになるトリートメントなんかが危ないのです!!

 

えっサロンで5000円ぐらい払ってトリートメントしてもらったのに、ドラッグストアでいつもより高いお金出していいトリートメント買ったのに傷むって・・・

 

はいトリートメントは傷みます!!

 

髪が伸びるスピードは、1日で約0.3~0.5mm。

 

1ヵ月で約1cm、1年で約10~15cm。

 

例えば30cmの長さの髪の毛先部分は約3年前のもの・・・

 

3年間のヘアダメージの蓄積になります。

 

またまたしつこいですが髪は死滅細胞 !! 一度傷んだら修復しません。

 

どんな最新のヘアトリートメントでも美容室で行うサロントリートメントでもヘアダメージを治す事は不可能なのです。

 

髪の毛はいくらドライヤーで乾かしても高温のアイロンを何度かけても柔軟性は残り、決して髪がミイラのようにはなりませんよね?

 

乾燥しすぎてポキって折れたなんて美容師をやっていて今まで見たことも聞いたこともありません・・・

 

これは髪の毛に含まれている結合水のおかげなんです。

 

髪の毛には自由に出入りできる自由水と、よほどのことが無いかぎり髪の毛の内部に存在する結合水があります。

 

ダメージした髪の毛がパサつくのも、ゴワゴワに感じたり乾いてボワーっと広がるのも
この結合水が大きく関係してきます。

 

キューティクルをコーティングする

水分調整が上手くいかなくなる

自由水が結合水に悪さをしてふやかす

キューティクルが損傷する

 

ヘアケア論では髪の毛の内部にタンパク質を補い表面のキューティクルをコーティングして補修する。いろんなモノを足して髪の毛のダメージを修復しようとしていました。

 

今よりツヤツヤサラサラの綺麗な髪にしよう!なんて思ってた足し算のヘアケアは間違いだったのかも知れません。

 

ではピカレスクがお勧めするトリートメントはこちら

IMG_2932

 

こちらのトリートメントは

 

キューティクルを破損させるトリートメントばかりが巷で蔓延る中!!

 

髪の内部にタンパク質も補わない、キューティクルもコーティングしないし、持続性もない !!

 

一般論からすると最低な、唯一無二のトリートメントです(笑)

 

DO-Sシャンプーした後、少しキュッキュッなったのを、指通り、櫛通りを良くするために付けるだけです。

 

すすぎ過ぎると全部流れ落ちてしまうぐらい髪には残りませんし

 

かと言って残し過ぎてもドライヤー後は髪がべたついたり重くなったりしません。

 

ホホバ油とオリーブ油のオイル成分と 保湿成分のヒアルロン酸が主成分のアウトバス兼用のDO-Sトリートメント。

 

けっして、肌や頭皮には良くないので、髪だけにつけてください!!

 

浸透が恐ろしく良いのですが、ハンドクリームではございません(笑)

 

摩訶不思議な浸透力を持つ、ヘアトリートメントなのです・・・

 

ま〜髪が元気になってきたら、使わなくても一向に構いません。

 

その日限りの誤魔化し

 

しみ込むトリートメント効果が自慢です(笑)

 

持ちの良さや、艶感なんかまったく無視しております。

 

僕的に、一言で良さを伝えますと 軽さ 

 

トリートメントでここまで軽いのは、なかなかありません。

 

軽いけど、しっとり

 

ドンドンしみ込むけど、油っぽさは最小限で

 

しっとりツルツル・・・

 

髪の毛が油でギトギトも、人口皮膜でツルサラも

 

さよならしましょう(笑)

 

DO-Sシャンプー&トリートメントで思うのは

 

すっぴん髪は 良い

 

トリートメントは染み込んで

 

1日程度、ヘアダメージを誤摩化すだけ・・・

 

肌がかぶれやすくなければ、スタイリング剤としてもオススメですよ。

 

ここ数年、ワックス等のスタイリング剤は取り扱いしていません!!

 

なぜ?

 

ワックス等に頼らないといけない、パーマ カットってどうなんでしょうね〜

 

察してくださいね(笑)

 

また明日。

 

 

シャンプーまとめ

嫌われてもいい!!ブログ

今日から今まで書いてきたブログの内容をまとめていきます。

 

シャンプー編

みんなシャンプーって何を基準に選んでますか?

香り?成分?値段? ネットの口コミ?

家にあるものを使っている?

まあ多い順番から言いますと値段、家にあるから、オーガニックだからになります。

ドラックストアに売っている安いシャンプーでもツルツルサラサラになるし香りもいい !!

僕らプロからしてもよく出来ているなと感心します。

でも2週間ぐらい使用すると髪がべたついたりしませんか?

もっとひどい状態は根元はベタつき毛先がバサバサになる!! 結構いるはずです。

シャンプーって本来髪と頭皮の汚れを落とすのが目的なんですが、汚れを落とす洗浄成分だけだど髪はギシギシになるので多少はツルサラ成分が必要なんですが・・・・

ほとんどのシャンプーはツルサラ成分が死ぬほど入りすぎています。

要はツルサラ成分がたっぷり付こうが少なく付こうが必要なので良いのですが、この髪に付いたツルサラ成分を毎日リセットしないと根元ベタつき毛先バサバサになっていきます。

IMG_0350

☆ ツルサラ成分をもっと詳しく化粧に例えてご説明します。

 

女性の皆様はメイクをされますよね?

1日の始まりに顔を洗い、化粧水、乳液、美容液etc….

ファンデ、シャドー、リップetc…

女性はほんま大変です。

ではなぜファンデーションを塗るのですか?

大体は肌が綺麗に見えるからです。

ファンデーションにも沢山の種類があり皆さんも好きなブランドがあるかと思います。

ファンデーションを選ぶ時の基準はシャンプーと違い塗った時の肌の質感で選ぶ方が多い?と思います。

艶やかにだったり少しマットな感じだったたりと。

でも皆さん必ず1日の終わりには化粧を落として洗顔をし肌をリセットするはずです。

シャンプーに入っているツルサラ成分はファンデーションと同じ !!

せっかく綺麗に化粧を落としたのにまたファンデーションを塗って寝る人はいませんよね?

どんなに顔を洗っても1〜2週間は絶対取れないファンデーションがあったら使いたいですか?(使いた〜いって方女性やめてください)

髪にはファンデーションはいりません。

何故かって? 髪には天然の強力なファンデーションがあるからです。

 

☆ それはキューティクル

20100628-KYU1

元々髪には肌にするメイクどころではない強力なファンデーションが天然で備わっています。

キューティクルは最後の砦 !!

キューティクルが機能しない髪はもうどうしようもありません。

爪のような硬いケラチンで出来ていて魚の鱗のように8〜10層もあるキューティクル。
鎧みたいな 頑丈な保護剤である・・・

こんなものにツルサラ成分たっぷり貼り付けてどうするつもり?

 

キューティクルこそ最高のツルサラ成分

キューティクル自体が髪のファンデーション !!

だから髪にはたっぷりなツルサラ成分は必要なしです。

必要最低限のツルサラ成分でもこの最強のキューティクルさえしっかりとしていれば
ツルツルサラサラになんか簡単になってくれるのだ♩

☆ 髪の最強のファンデーションであるキューティクルを正常な状態で綺麗に整えてあげる

 

キューティクルのダメージを
出来るだけ 少なくしてあげる

これぞ最高のヘアケアです。

髪は何もしていなくても既にメイク済みの身体のパーツです。

髪の最強のファンデーションであるキューティクルを正常な状態で綺麗に整えてあげる、キューティクルのダメージを出来るだけ少なくしてあげる、これぞ最高のヘアケア !!

ではキューティクルのダメージを出来るだけ少なくしてあげるはどうしたらいいのか?

女性の方ほとんどの方が体験していると思いますがネイル。

爪にマニキュアやジェルだったりを塗り綺麗に魅せます。

マニキュアの原料は工業用などのラッカー塗料とほぼ同様で、アクリルニトロセルロースなどの合成樹脂を着色したもの。

ジェルはウレタンアクリル樹脂などを主な成分とするジェル状の素材。

色や形は違うけど毛と爪を総じて角質器とも呼んでいます。

爪はタンパク質の一種であるケラチンで出来ていて含水量は12%~16%、髪の毛もほぼ同じなんです。

髪も爪も死滅細胞 !!

話が小難しくなりましたが、マニキュアやジェルを落とした後、爪って傷んでいませんか?

ウキペで調べるとこんな記事が。

爪が化学薬品(マニキュアを含む)等に接触し、脱脂、脱水状態に継続的に晒されると水分量を失い、表面が荒れて極端に脆く割れ易くなる事がある。

簡単に説明するとネイルは爪にコーティングして艶、色、デザインを楽しんでいます。

髪も全く同じでコーティングすると水分量が狂いガサガサに荒れて傷みます。

 

シャンプーとトリートメントのあれがダメ,これがダメって・・・・・。

ではその天然のキューティクルをきれいに保ち

髪にコーティングをできるだけ抑えたシャンプーってあるの?

「じゃあ何を使えばいいのさっ!」ってなりますよね。

 

かなりしつこいですが、基本頭皮や髪に良いものはありません。

良いと思っていた成分も天然の植物で云々かんぬんも髪には吸収も同化もしませんから・・・

では僕がいいと思うものは何か?・・・

それはシャンプーは洗うだけ、トリートメントは1日だけもてばいいだけのシャンプー&トリートメントだと考えています。

髪がギシギシにならずキュッキュッ程度になるぐらいのツルサラ成分配合シャンプーがベスト。

しっかり汚れを落とすのがシャンプーの重要な役割です。 即ちバランスが重要。

巷で売られているシャンプーの大半はシャンプー本来の目的を忘れて手触り感ばかりを重視している傾向があります。まさに本末転倒!  で、皆さんすっかり騙されちゃう。。。。

 

ピカレスクではこのシャンプーをオススメしております。

DO-S シャンプー

IMG_0350

まず特徴は髪にたっぷりなツルサラ成分が残っていたりすると泡が立ちません・・・ なので最初は少しもったいないですが泡が立つまで数回繰り返して洗ってください。

簡単に言いますと”きれいさっぱり洗えたぞ (汚れが落ちたぞ) “センサーが付いています。

僕の思う汚れのコーティングが髪に残っていると泡立ちが悪く、残っていないとクリーミーな泡が立ちます。

そんな目に見えないコーティングなんかなんやねんって思っている方、一度体感してください。

コーティングぐらいって !! いやいや『素の状態の髪がどれだけ柔らかく軽いか』びっくりしますよ。

とにかくこのシャンプーは説明なしで使うと半数以上の方が「うん?」ってなりますので僕か東浦にでもお問い合わせください。

もう一度言います。DO-S シャンプーです。

 

明日はトリートメント編です。

また明日。

 

 

ピーリング剤3

嫌われてもいい!!ブログ

引越しして1週間!! 借りてきた猫状態で生活しております。

 

ピーリング剤   ピーリング剤2

↑↑↑ こちらの続き

 

☆ 肌のターンオーバーとピーリングの関係

 

ピーリングをすると肌の透明感が上がります。

くすんだ古い角層を除去していることが分かりました。

 

これは、剤の効果で細胞が若返っているわけでも、くすんだ肌が透明によみがえったわけでもありません。

甘皮を一枚はいだことで、その下のフレッシュな肌が顔を出したに過ぎません。

皆様それを前提に、ホームケア用のピーリング剤を使用する場合は、効果が弱いとはいえ

肌のターンオーバーを考え、使用してください。

 

具体的に言えば、1度使用したら、最低14日前後は使用を避けてください。

仮に商品に「毎日使用してください」のような記載があった場合は、それだけのピーリング力が

弱いということなので、毎日使っても大きな問題はないと思われます。

 

ではピーリング剤に含まれる「酸」はどうやって肌に影響を与えるのか?

↑↑↑小難しいのと、あまり知る必要がないと思いますのでパスしますね(笑)

 

それから、ピーリング剤を使う場合、意識しなければいけない

「ターンオーバー」について新事実があります。

 

先ほど、肌のターンオーバーは、一般的に28日と言われると言いました。

でも、「一度ピーリング剤を使用した場合、最低14日間は使用控えてください」とも説明をしましたが・・・

「ターンオーバーが28日なのに、なんで14日?」そう思いませんでしたか?

「28日の半分が14日だから」そんな答えも聞こえてきそうですが、残念ながハズレです。

 

実は、肌のターンオーバーは、部位によって違うのです!!

例えば、おでこはのターンオーバーはなんと8〜9日、頬は14日と言われています。

同じ顔でも実に5日も違いがあるのです。

またターンオーバーは、肌の中でも暴露しているため日常生活で刺激を受けやすい部位ほどはやく、普段、服で覆われている部位ほど遅いと言われています。

 

IMG_0624

 

その証拠に、前腕や背中、下腿部(膝から足首までの部分)は16日〜25日と

おでこの日数の1.8〜2.8倍に開きがあります。

さらに腹部や腿は、25日〜27日と非常に長くなっています。

ちなみに頭皮のターンオーバーは、15日〜17日と言われています。

ここまで説明すればお分かりと思いますが、先ほどの「14日」というスパンは

顔の中でも比較的ターンオーバーの長い頬の部位を考慮したものなんです。

 

もちろん、ターンオーバーは個人差があり、年齢を経るほど長くなるとも言われています。

上記図の日数はあくまでも目安ですので、その辺のことも考えてご使用してください。

 

明日はお休みですのでまた金曜日に。

ピーリング剤2

嫌われてもいい!!ブログ

家のクーラーが壊れました・・・ 暑すぎるので今日は8時前に出勤!!

今日もピーリングについて書いていきます。

ピーリング剤 

↑↑↑こちらの続き

 

ホームケア用のピーリング剤の効果は低い

でも、毎日使うと・・・

 

ドラックストア等に行きピーリング剤の裏を見ると

全成分表示が書いてあります。

その成分表の中に「リンゴ酸」が表示されています。

(AHA リンゴ酸が角質を柔らかくする)

 

このリンゴ酸はプロユース用(サリチル酸など)に比べると酸としての力は弱く

ホームケア用などは全成分表示の記載順から察すると

リンゴ酸の配合量はかなりの微量です。

よってホームケア用は、古い角層をはぐ力はかなり弱いと思われます。

そもそも化粧品は、医薬品や医薬部外品に比べ、その効果が弱いと言われています。

薬機法で定める化粧品の効果効能は「予防」の域を出ないもの。

医薬部外品は「抑制」

医薬品は「治療」

という具合に効果効能の力が上がっていきます。

では効果が弱いからと言って、ホームケア用は毎日使ってもよいのでしょうか?

答えはノーです!!

その理由には「肌のターンオーバー」が関係します。

皆様は多分ターンオーバーのことはご存知だと思いますが、もう1度復習。

ターンオーバーとは「表皮の新陳代謝」のこと。

表皮は肌の1番外側にあり、外部から異物の侵入や水分の蒸発を防ぐバリアとなって

内部を保護する役割をしています。

 

厚さは、平均0.2ミリとごく薄く、細胞分裂を繰り返し、日々生まれ変わっています。

そのサイクルは、一般的に28日周期と言われ、最終的には垢として無くなります。

 

ピーリングは、そのいらない垢を柔らかくして、はぐ行為をしています。

ホームケア用は効果が弱いからと言って、肌のターンオーバーを無視して

毎日使い続けると、必要な角質までも失うことになりかねません!!

そしてその結果、最悪の場合、炎症を引き起こし、乾燥肌、敏感肌になる可能性もあります。

 

concept of cosmetic skin care.
concept of cosmetic skin care.

 

明日に続く。

 

ピーリング剤

嫌われてもいい!!ブログ

スキンケアのブログを書いた勢いで、今日はピーリング剤!!

美容専門誌に最新の記事が載っていたのでパクらさせてもらいます(笑)

早いもので今年ももう8月、皆様、日焼けは大丈夫ですか?

これからは日焼け跡が気になってきます。

そういう皆様が興味を持ちやすいのが、「ピーリング剤」です。

 

ピーリングとは、英語の「Peel」の動名詞で「はぎ取る」という意味。

化粧品の世界では、古い角質を取り除き、ターンオーバーを正常化する肌のケアのことを言います。

 

もともとは皮膚科やエステなどの専門家が行う施術だったのですが、最近では

”ホームピーリング”を謳う製品がドラックストアなどで目にすることも多くなってきました。

こうしたホームピーリングの製品は、本当に効果があるのでしょうか?

今日から何回に渡りピーリング剤をブログにしていきます。

 

☆ピーリングには大きく2つの方法がある

ピーリングには、薬品を使い角質を落とす「ケミカルピーリング」

レーザーやダイヤモンドなので物理的に角質を除去する「フィジカルピーリング」

この2つがあります。

専門の機器を使うフィジカルピーリングは、主に皮膚科やエステなどで行われることが多かった

のですが、最近では同じような効果のホームケア製品も出ています。

e1987e36-a9a7-4e87-9b01-919db2da1fcd-1

これに対してケミカルピーリングは「酸」の力で肌の新陳代謝を高めるのが特徴。

こちらは配合成分によって、プロユースとホームケア用に分類できます。

skinvil

一般に脂溶性の「BHA ベータヒドロキシ酸」が配合のプロユース。(これは覚えなくてもいい)

ホームケア用には、主に水溶性の「AHA アルファヒドロキシ酸」が配合されています。

こちらの代表成分は、リンゴ酸、グリコール酸、酒石酸などの天然由来のものが多い為

「フルーツ酸」と呼ばれることもあります。

ちなみに酸としての力は、BHAよりもAHAがたいぶ弱いのです。

その意味で、素人が使うホームケア用の製品としても使えるわけですね。

まずはこのことを念頭においてプロダクツの効果を見るのが大切です。

 

明日に続く

 

ヘアケアとスキンケアの違い 最終

嫌われてもいい!!ブログ

 

肌と髪を細胞単位で考えると

1〜3ヶ月程度で新しい細胞に生まれ変わる → 肌

現実的には生まれ変わる事が出来ない → 髪

そしてどちらも

細胞自体は自己再生も修復もしない!!

これを覚えてくださいね!!

↑↑↑ こちらからの続き

 

そして

エステサロンで行う、手入れと言われるもの

またはスキンケアと呼ばれるものたち

これらは肌にとって良いのか? 悪いのか?

たとえばお化粧しっぱなしで

何日もほったらかしにすると

お肌はとんでもなく

荒れたりしますよね。。

お化粧に関して言えば

悪いっていうのはみんな認識してます。

スキンケアは水分を与え、潤いをもたせる

そしてそれが持続するように

油分などで、外に逃げないように保護する。

ちなみに皮膚の一番外側である

角質細胞は硬いケラチンタンパク質で出来ています。

これは髪にとても近い状態。。

僕的に言わしてもらうと

髪の毛もこの角質細胞も

本来は何もしないのが一番良い状態

洗顔やシャンプーをしても良いとは思っていませんし、

人工的に水分や油分を与えるのも悪いと思っています。

良くなることはありえません・・・

yjimage-10

基本的に死滅細胞は

何をしても良くはならない

なにかをすれば程度の差はありますが

悪くなっていくしかない・・・

そして

メイクは当然ながら

エステティックだろうが

高級なスキンケアだろうが

程度の差はあれ

肌のは負担や損傷を与えるけど

ある一定期間

肌をキレイにみせる事が出来るモノ!

と考えてもよい部分が多くある。

ただ

これは表皮的にみての話ですが

新陳代謝が活発な肌の場合は

体内のバランスで多くの影響を受けるので

たとえば規則正しい生活リズムや

体内のホルモンの影響なども多くうけ

内部から整えキレイになることも可能だと思う。

あとマッサージなんかで

血行が良くなり新陳代謝が高まるとか・・・

ここで書くのはあくまでも外部的処理における

化粧やエステとかスキンケアでの話です。

髪のトリートメントは???

これはこのブログでも散々言ってきましたが

髪の毛は死滅細胞だから治らない

トリートメントは程度の差はあれ

髪を傷めるけど

一定期間 髪をキレイに見せるモノ・・・

yjimage-11

どうです???

同じなんです(笑)

髪の毛のトリートメントも

一般的な外部的な化粧や

スキンケアやエステも

細胞自体が治ることはない

むしろ負担や損傷も与えるけど

一定期間キレイにみせる事ができるモノ。

そう

どちらも傷めるが

綺麗に見せるモノなんです!!

では

何が違うのか???

前述した部分に戻ってください・・・

そう

ターンオーバー(新陳代謝)です!!

化粧やエステが悪いものと仮定しても

肌の場合は1〜3ヶ月もすれば

まったく新しい細胞に変わります。

なんなら1〜3日程度で

古い細胞はアカとして無くなっていきます。

綺麗に見せるのに負担や損傷があっても

どんどん新しい細胞に変わっていく!

では髪は?

新しく生えてきた細胞は

ロングヘアだと2年以上そのまま・・・・・

新陳代謝などしませんから・・・

そうなんです

肌も髪も

細胞レベルで考えると

自己再生も修復もしない

お化粧・エステ・スキンケアも

髪の毛のトリートメントも

傷めるが綺麗に見せるモノ!

ただしですね・・・

肌と髪の違いは新陳代謝

肌は1〜3ヶ月で

まったくい新しい細胞に変わりますが

髪は何年もそのままなんです。

ということは

肌は綺麗に見せるために

負担をかけたとしても・・・

どんどん新しい細胞になっているので

ダメージの蓄積はほとんど無い!

でも

髪は新しい細胞は根元部分から

生えてくるだけなので

どんどんダメージが蓄積されてしまう。。。

したがって

毎月エステに通ってお肌の手入れをして

綺麗に見える状態にしても

とくに問題は無いと言えますが

髪の場合は

1回あたりのダメージは少なくても

何年も蓄積されてしまいます。

肌の場合は

ダメージの蓄積がほとんど無い

髪の場合は

どんどんダメージが蓄積される!

ここが

メイク・スキンケア

ヘアケア・トリートメント

最大の違いだと思いませんか????

だから、なので、本当に

髪の毛のケアほうが

大変なんです!!!!!

メイクやエステと

髪のトリートメントを

おなじレベルでみると

駄目なんじゃないかと思うんですが・・・

 

くどいお話を最後まで見ていただきありがとうございました(笑)

明日はスキンケアのピーリング剤などを書いていきます。

またまたくどいですが、為になると思いますので是非〜〜〜

では明日。

ヘアケアとスキンケアの違い

嫌われてもいい!!ブログ

小難しい話が続いていますのでスルーしてください(笑)

 

ヘアケアとスキンケアの違い

↑↑↑  こちらの続き

 

肌も一つの細胞単位で考えると

髪と同じ

死滅細胞と考えてもいいと思いませんか??!!

 

ただ皮膚というのは

表皮の下には真皮・皮下組織とがあり

表皮が欠損した程度の浅い傷は、

表皮の細胞が傷の底面から移動してきて増殖し、

急速に傷が治ります。

よってまったくの死滅細胞という訳ではないんですが。。。

表皮のターンオーバーは

20代では約28日間、

30代~40代になると約45日間程度、

60代になると約100日もかかるといわれてる。

これは

細胞が出来てからの周期なんで

一番表面の角層あたりは

ほぼ 毎日〜3日もあれば

古い細胞がアカとなって 剥がれて

新しい細胞になってる感じですね。

そして

髪にも

肌のターンオーバーみたいなもんがあり

毛髪には、生えていずれ抜け落ちるという、

毛周期(ヘアサイクル)というのがあり!!

ヘアサイクルには個人差がありますが、

一般的に男性の場合は2~5年。

女性の場合は4~6年といわれています。

髪の毛の伸びる速さは、

平均一日に0,35~0,4mmと言われています。

一日に 平均0,4mm伸びるとすると 一ヶ月で12mm、

1年では14cm 伸びる事になるのですが・・・

まっ 毛の成長速度は、性別、年齢、体調、栄養状態、

また季節によっても異なりますが・・・

年齢では30歳を過ぎると

毛の成長速度は遅くなってくると言われています。

って事は・・・

例えば

30センチ近くあるロングヘアの人だと

毛先の部分は 2年以上前に

生えて来た髪なんですね〜〜

そう!髪の毛は通常で考えたら

細胞自体が生まれ変わる事は無理ですね。。。

髪の毛を細胞単位で考えた場合は

ターンオーバー(新陳代謝)とは言えないですね・・・

肌と髪を細胞単位で考えると

1〜3ヶ月程度で新しい細胞に生まれ変わる 

現実的には生まれ変わる事が出来ない 

そしてどちらも

細胞自体は自己再生も修復もしない!!

これを覚えてくださいね!!

 

明日でなんとか終わりにします!!

そして数日で納車だし

引越しの片付けもまだまだだし・・・

明日に続く。

 

 

 

 

ヘアケアとスキンケアの違い

嫌われてもいい!!ブログ

引越ししましたが、僕の部屋のクーラーが壊れて困っております・・・

 

今日はこちらの続き  間違いだらけ・・・ヘアケア&スキンケア

髪は死滅細胞だけど

肌は傷ついても自己再生するので

肌は生きているという方も多いのですが・・・

この表皮(肌の一番外側にあり、平均約0.2mmの厚さ)は考えようによっては

髪と同じ、死滅細胞と考える事が出来ます。

その理屈とはこちら

ターンオーバー(新陳代謝)

ターンオーバーは

表皮の細胞の新陳代謝のサイクルのこと

表皮は、絶えず生まれ変わり、

新しいものに入れ替わっています。

skin01_pg4_img1

表皮の細胞は、表皮の4つの層の

もっとも内側にある基底層で生まれます。

基底層では次々に新しい細胞が生まれるため、

細胞は順繰りに表面に押し上げられていく理屈です。

そう基底層で生まれた

ひとつの細胞は

下からどんどん押し上げられて

基底層→有棘層→顆粒層→角層 と

同じ細胞が変化していき・・・

やがて死んだ状態の角化細胞となり、

最後にはアカとなって、自然にはがれ落ちます。
角質層で肌の細胞がたえず入れ替わることで、

私たちの肌は潤いのある状態が保たれています。

これが新陳代謝って事なのです。

もし表皮が傷ついたとすると

ひとつひとつの細胞自体が

自己修復するわけではなく

ターンオーバー(新陳代謝)により

新しい細胞がどんどんと作られて

傷は修復される理屈なんです。

傷ついた肌は最終的に

かさぶたとなってはがれ落ち、

きれいな肌に生まれ変われるのも、

このターンオーバーのおかげなんですよ〜

そう一つの細胞でみると

再生も修復も出来ません。。。

なので肌も個々の細胞レベルでみると

生きているわけではございません!!

一つの細胞単位で考えると

髪と同じ

死滅細胞と考えてもいいと思いませんか??!!

明日に続く・・・

 

間違いだらけ・・・ヘアケア&スキンケア

嫌われてもいい!!ブログ

今日はスキンケアとヘアケアの違いをブログにしていきますね。

 

まず肌についての基礎知識です。

肌って一言でいいますが

まずお化粧やエステに関係してくるのは

表皮です。

表皮っていうのは、肌の一番外側にあり、平均約0.2mmの厚さ。

足の裏などは厚く、まぶたなどよく動く部分は薄いのです。

表皮は

4つの層からできていて、

一番外側の「角層(かくそう)」はバリア機能、

内側に行くにしたがって

紫外線から肌を守る「顆粒層(かりゅうそう)」、

栄養を補給する「有棘層(ゆうきょくそう)」、

新しい表皮細胞を生み出す「基底層(きていそう)」

となっています。

構造の大部分を占めているのが

「ケラチノサイト(角化細胞、かくかさいぼう)」

と、それが変化した細胞なんです。

 

skin01_pg3_img1

こう言った小難しいことは覚えなくてもいいですよ〜

 

すいません・・・

明日引越しでして、ちょっとバタバタしております・・・

短いですがここで終了。

また金曜日に続く。

 

間違いだらけ・・・ヘアケア続き

嫌われてもいい!!ブログ

髪は死滅細胞なので

傷んだら

治らない・・・

間違いだらけ・・・ヘアケア

↑↑↑こちらの続き

 

どうしたら少しでも

ヘアダメージを減らしていけるのか?

なんとか髪の傷みを最小限にして

ボサボサ髪をそのときだけでも

誤摩化す事はできないのか?

これを四六時中考えているのですが

世の中に敵が多いです(笑)

髪は治らないのに

治す(良くなる)方法を書いているのは

間違いだと思いませんか???

さらに最近もっと巧妙なメーカー?美容室?も出てきました!!

それは

話をはぐらかす??

これがとても上手い方達です(笑)

「一人一人の痛みにあわせ オーダーメイドで調合した
超修復トリートメントで綺麗に見せる・・・

髪質改善ヘアエステはすればするほど
髪の毛が扱いやすくキレイになっていきます・・・」

まっこの辺りは、まだまだ目的バレバレ(笑)

この程度じゃ消費者も騙されなくなってきました!!

しかしメーカーや美容室が

「トリートメントは髪を傷めます!」

と言っておきながら・・・

そのメーカーや美容室が今度は・・

「女性の方って男性が考えている以上に

香りや手触りなんかの質感に敏感だと思うんですよね。

だったら、ツルツルで

気持ちのいい質感に変えてあげたいじゃない。

お客さんが喜んでくれるなら

お客さんの笑顔が一番・・・

あなたが嬉しいと僕も嬉しい♪ ・・・」

髪の毛の痛みは治らない

トリートメントは髪を痛めます


綺麗に見えるだけじゃなく・・・

喜び 笑顔 嬉しい とかに

いつのまにか変換されています(笑)

化学が文学になった瞬間ですね♩

 

こういった手口(笑)がもっと進化すると

かなり巧妙になり納得させられそうになります・・・

 

例えば

髪の毛の痛みは治らない!

まったく正しいと思います。

例えばスキンケアで考えて見てください

「すっぴんでもとても綺麗なお肌の方もいます。

そんな方を否定もしません。

ただ中にはメイクやお洒落を

積極的に楽しみたい方もいます。

女性は美しくいたいんです・・・

たとえば毎月エステティックサロンに通い

お肌のお手入れをする美意識の高い方のように

髪の毛も美しさを維持するには

トリートメントだって大切なのです!」

 

うっほっほっほっほ〜〜〜〜

ここまで来ると

僕ですら

納得してしまいそうだ(上手い)

 

エステで毎月のように肌のお手入れ!

僕ははまったく否定はしないです。

美しさを維持するためには・・・

でもね

スキンケアとヘアケア・・・

お肌と髪は・・・一緒ではないのです。。

明日に続く