ハナヘナについて・・・

嫌われてもいい!!ブログ

 

”ハナヘナ”

ピカレスクで使用しているヘナです。

 

そんじょそこらのヘナと一緒にされると大変困ります!!

 

最近

お客様からどこそこのヘナの染まりがいいと友達から聞いたのですが?

染めた直後からブラウンになるって・・・

 

 

ハナヘナは全く他のものが入っていない

100%純粋なヘナですからね・・・

 

染料などの化学物質が入ってる

通称 ”ケミカルヘナ ”を一緒にしたらダメです。

(天然ヘナで上記のような色は出ません)

 

インディゴ入りのヘナとかで

天然ハーブのみって謳ってるものでも
染めた直後にブラウンに染まる!

 

それは絶対にありえない事です!!!!!!

 

 

世の中には、どうもヘナ染めを
家庭で簡単に染めれる天然ヘナ染めなんて
認識してる人が割と多くいるみたいですが・・・

 

それは美容師的に言うと

大間違いである!

 

ヘナはオレンジ色

インディゴはブルー色

 

たったこれだけの色しかないし

普通のヘアカラー剤のように、しっかりと染めるための
ブリーチ剤や酸化染料などの科学薬品も使ってません。

 

ヘアカラーとして考えたら
ヘナは、とても難易度が高く
白髪染めとしてそんなに簡単に
家庭で、自分で出来る物ではない!

 

まずこれは認識してほしいです。

 

 

家庭で、自分でなんとか出来るのは・・・

例えば色としては、さほぞ重要ではなく
トリートメント目的でヘナをする場合とか

少し、明るくなりすぎた髪を
傷めないで軽くトーンダウンするのに
ブラウンを使用するとか

 

部分的に分け目や、顔まわりのみ

目立たない程度にヘナをするとか

色ムラなんかは気にしない場合ぐらいです。

 

 

ヘナやインディゴを 毛染め として考えたら

時間も手間もコストもかかるし

普通のヘアカラーより数段難易度は高い!

 

続くかな・・・

 

 

ではまた明日。

 

 

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト