パーマかかりにくくて取れやすい・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

パーマをかける際は

このお客さまはかかりが良いか?かかり難いか?を見極めながら

色々とカットやロッド、薬剤などをチョイスします。

 

稀に予想を超えるパーマのかかり難くて取れやすい方がおられます・・・・

 

 

さて本日のお客さまは

稀な予想を超える方(笑)

 

来店時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄くしっかりとした髪質で、ヘナを数年間持続してやっており

ダメージも無く、顔が映るのではないかというぐらいキューティクルもツヤツヤです。

 

*ここでお役立ち情報ですが?

基本的に髪のダメージが大きい、ご使用のシャン&トリやスタリング剤などで

パーマの持ちが悪くなります!

ダメージが大きいと適切なパーマ液が使えなかったり

ツヤサラになるシャン&トリ、スタイリング剤などをご使用の場合はパーマが垂れますので

ホームカラーなどは控えていただき

適切なスタイリング剤をチョイスして下さいね!

 

 

 

話は戻り

通常なら髪質としては、かかり難いが持ちは良い髪質と判断しがちなのですが

かかりも取れも予想を遥かに超える方でして・・・

 

 

ここからカットしてパーマをかけていきますが

パーマのロッドではグリグリになるのでは?というぐらいに小さめで

パーマのかかり具合をテストする際も

とにかく疑って騙されないように(笑)これでもかって!ぐらいにしっかりかけていきます。

 

 

 

出来上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濡れている時の写真を撮り忘れたのが悔やみますが

かなりグリグリで

ドライヤーで乾かすと丁度いい感じに仕上がりました。

 

稀に遭遇した場合は、自分を信じず(いままでの経験はアテにならない)疑うことも必要ですね(笑)

 

 

ではまたお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です