ヘナで白髪染めをする場合・・・4

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

昨日までのヘナで白髪染めシリーズです。

ヘナで白髪染めをする場合・・・

ヘナで白髪染めをする場合・・・2

ヘナで白髪染めをする場合・・・3

 

白髪量が15%以上になると2度染がベストとブログで書きましたが

2度染はしんどいし

でも白髪量多いし・・・

何か他にいい方法ありませんか?

よく聞かれる質問ですが

実はあるんですね〜

 

それは最初からヘナナチュラルとインディゴを混ぜる方法があります!

 

そして初めから混ぜてある便利な商品まで売っております。

まずヘナナチュラル4:インディゴ6の

ハナへナ ハーバルブラウン

 

1回染めだと白髪が薄い茶色になる程度で
回数を重ねていけば、だんだん濃いブラウンに染まっていきます。

 

3〜4回すると

仕上がりは

白髪部分が明るめのブラウンになります。

 

 

 

そしてお次は

1回染めで濃いブラウンにするなら

ヘナナチュラル2:インディゴ8の

ハナへナ ハーバルマホガニー

 

少し青みが出る髪質もありますが
2回も染めれば、結構白髪がダークブラウンまで染まる場合が多い。

 

仕上がりは

白髪部分が濃いめのブラウンになります。

*写真はハナヘナさん参照しています。

 

凄く便利ですね〜

でもですねハッキリ言って

1回では写真のようにはならないことが多いので

希望の色になるまで、10日ほど空けて
何度か繰り返しで染めなければいけません・・・

 

ヘナの発色はムラがあるし
最初に塗った所と、最後辺りでは

空気酸化での違いも大きいので

綺麗に染まらない場合もあります。。。。

 

 

 

できれば白髪量15%以上の方がヘナで白髪染めをする場合

一度美容室で2度染でしっかりと白髪を染めてもらい

その後、次の来店までの繋ぎ程度で

白髪が目立つ所限定でマホガニーorブラウンをされる事をお勧めします。

 

ヘナは家庭で気軽に出来る!とか
言われたりすることが多いのですが

ヘナで白髪染めするには、プロの美容師の
塗布テクニックや知識がすごく需要なので

僕にお気軽にご相談ください。

 

ヘナで白髪染めをする場合シリーズは、一旦これにて終了ですが

ヘナはまだまだ奥が深いので

また気付いた事を書いていきたいと思います。

 

ではまたお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です