良い結果が出ています・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

ここ10日間ぐらいの

お客さまにブログのモデルになって頂いた写真が

なぜか全て靄がかかっており全滅・・・

せっかくモデルになって頂いたお客さま!

次回もう一度チャレンジさせてくださいね。

 

 

さてさて今日は、少し前からヘアカラーのあるテストをしておりまして

かなり良い結果が出ております。

 

ケミカルのヘアカラー剤は(明るくしたり、白髪をしっかり染める)
アルカリ性でして

そのアルカリヘアカラー剤を使用すると

どうしても避けられないのが、髪の毛の膨潤。

 

簡単に膨潤を説明しますと

髪は弱酸性でして、ヘアカラー剤のアルカリ性で

髪のキューティクルをこじ開け

ヘアカラー剤を髪の中に入れ込んでいます。

(そのキューティクルを開けることを膨潤と言います。)

その膨潤をし過ぎてしまうと

サラサラ感や艶を出す一番大切で大事なキューティクルが

破損してバサバサになってしまいます。。。

 

しかしあるものを混ぜて使えば過膨潤せず、艶々のヘアカラーに
生まれ変わります♪

 

原理としてはアルカリをギリギリまで弱酸性に戻し
ヘアカラーを行うので、キューティクルが必要以上に開きすぎない
ので過膨潤を防ぎ艶を出してくれます。

ホントになんでもないヘアカラー剤が
とっておきの艶々ヘアカラーに変化します♪

 

このブログではあまり詳しくお伝えできないのが残念なのですが

もうすぐメニューに登場しますので

ご来店時にでも

僕川口にお聞きくださいね。

 

ではまた明日お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です